気になる種

 旅行日記は今回はお休みです。
今回は、『気になるリクガメ』です。
カメさん日記さんがソリガメを飼い始めたこともあり、改めて新しい種も良いなぁと思い始めてきました。
実際に飼うことは恐らくない種たちになると思います。




4位:インドホシガメ

1D3F072C-BF2F-4CE2-9A05-865AB027E9E5.jpeg

 値上がりしましたねぇ。
2年前は1万円台で売られていましたが、それから急激に出回ることが少なくなり、今は成長したサイズなら10万を超えてきました。
そんなわけで、お値段チェックをよくするようになりました。
特別欲しいわけではないです。
個人的にはビルマのほうが好きですからね~。
それでも入荷状況やなぜ入荷が途絶えたのかなど、気になることがあります。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




3位:クモノスガメ

IMG_0699.JPG

 個人的ランキングはダウン。
というのも、飼育熱が落ちてきたからです。
(元々買えなかったから意味ないと言えばそうなんですが)
6月から種の保存法が改正され、CITES1の動物にはマイクロチップの挿入が義務付けられるようになりました。
マイクロチップがない場合は5年後に登録票から抹消されます。
登録票がなくとも飼育自体はできます。
しかし、希少種ならば繁殖までさせたいというのが自分の考えですので、繁殖させて産まれた子も登録票がないとなると、売買はもちろん譲渡もできなくなってしまいます。
そうなると、やはりマイクロチップ埋め込みが必要なわけですが…クモノスガメは小さく、マイクロチップを埋め込むとなるとアダルトサイズでも負担が大きいと思います。
その辺は実際にクモノスガメを飼育しているポタカさんも同様の考えのようです。
負担を考えると、飼育すべきではないのかなぁと思ってしまい、それが熱が下がってしまった要因です。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.





2位:ゾンバセオレガメ

16B2C9F3-180F-45B2-8E45-D61E3DDE3FF8.jpeg

 放射模様があるセオレガメの亜種。
値段としては少し高価なくらいで、およそ10万弱くらい。
セオレもWCが多く、環境に慣れずに死んでしまう個体が多いとのことですが、ゾンバセオレがCBであれば飼育はあまり難しくない可能性があります。
恐らく、温度や湿度はそこそこに上げたほうが良いかと思われます。
また、光はあまり強烈なのは好まないはず。
直管蛍光灯でケージ1/3くらいを照らし、残りは日陰やシェルターにしたほうが良さそう。
 ただ、模様や甲羅の特殊性、希少種という意味で飼ってみたいというのが理由の大半のため、出回るようだったらあまり興味が出ないと思います。
とは言え、ある程度お金が出せて新しい種に挑戦!となったら、第一候補かもしれません。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




1位:ゴファーガメ

IMG_0596.JPG

 日本ではあまり飼育例がなく、国内CBも最近初めて得られたとか。
ソリガメ同様、CBとなると急に育てやすくなる可能性も十分考えられます。
じゅらの杜のtwitterにもそのようなことがつぶやかれていました。
 実際に飼育することはないでしょうけど、もし飼育難種に挑戦するとなればこの種にしてみたいです。




 他、ミズガメのダイヤモンドバックテラピンやセマルハコガメも変わらず気になりますね~。
ついついイベントで探してしまいます。

この記事へのコメント

  • カメさん日記

    今晩は。
    ゴーファーですか。
    私もソリガメかテキサスゴーファーで悩みました。
    どちらも飼育方法がよくわからないカメですが、ゴーファーはやっぱり穴掘るんだろうなぁと思いソリガメにしました。
    ソリガメ、今日は水も飲んでくれました!
    なかなか順調な立ち上げでホッとしています。
    明日からはホットスポットを設けようと思っています。
    2018年07月11日 20:21
  • まころん

    >カメさん日記さん
    ソリガメは既に数人飼育者がいますが、ゴファーは今のところ聞いたことがないんですよね。
    何度か売られているところを見たので誰かしら飼っているのだとは思いますが。
    iZooでは飼育できていますし、多分特別難しいことはないのではないか…と推測しています。
    穴掘りに関しては自分では答えを見つけられていません。
    野生下で穴掘りが大好きなロシアリクガメやケヅメリクガメは飼育下では掘ることはあっても、しっかり隠れられる場所があればそれで満足することも多いようです。
    ゴファーも同じようならあるいは?とも考えられますが、種が違うのでなんとも言えませんね。

    あくまでも「挑戦するなら」という過程の元ですので、多分飼うことはないでしょう。
    まずはビルマホシガメを1匹追加、可能ならさらに1ペア…そして繁殖!が優先事項です!
    繁殖もただ増やすだけでなく、効率よく孵化できる方法や多甲・死籠りなくメスにできる方法を考えています。

    ソリガメ調子良さそうですね!
    リクガメは結石が死因の1位とも言われているので、もし尿酸が出ていないようなら気をつけてあげてください。
    水を飲んでいるようなので多分大丈夫かとは思いますが。
    今度、グラパラリーフや野草なんかをお持ちしましょうか?
    2018年07月11日 21:49