東山動植物園Part.3〜リクガメとその他の爬虫類〜

前回の記事に引き続き、東山動植物園のPart.3です。
前回のタイトルが間違っていたので直しました。
今回はリクガメ編です。
そして、東山動植物園に関してはこれで締めとなります。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



95BBDBC3-37CD-4A98-991E-8B78BBF5D6B3.jpeg

ギリシャリクガメ。
くつろぎ過ぎなくらいぐでーんとしていました。
動物園だと意外と見ないのが地中海系ですね。
小型だと目立たないので仕方ないのですが。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




46F56EF8-E51B-48AA-B5C3-157221395847.jpeg

パンケーキガメ。
はい、引きこもりです。
何が何だかって感じです。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




1D3F072C-BF2F-4CE2-9A05-865AB027E9E5.jpegD65758EE-2835-4040-B3BB-A518958F2CF1.jpeg

インドホシガメ。
人気種ですねー。
あまり動かないことが多いのですが、時間が良かったのかよく動いていました。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



3C0D9FCE-8644-492E-AB01-C02343040A1F.jpeg

ビルマホシガメ。
多湿の大きなコーナー以外にもいました。
こちらではまだ成長しきっていない個体がいました。
これからの成長が楽しみです。
もしかしてこの動物園での繁殖個体なのかな?



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



カメ以外もささっと画像だけで紹介していきます。


FC67480E-564A-4B02-8DB7-DC081F4DFAFC.jpegBDF97532-608D-493B-9753-43A3D45D2EDC.jpeg

816728AE-2BB8-4EC0-A9F4-AE308EFA7A3F.jpeg0368CF15-A375-4F8A-A897-72321235C299.jpeg

3481AD5C-FD80-4E95-9A78-315820A656EB.jpeg335427EA-8082-40B1-BD15-2A4AAC90E4B5.jpeg

FAF005A1-8010-4887-9C1F-49E61ABC402A.jpegBB796F5A-2033-4015-B221-4DCEAEEBDE79.jpeg

03B82EF8-870A-43E3-8E8C-7569672B05F7.jpeg9F1C1B5A-4FD5-4E39-8329-AE69D70EFB44.jpeg



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




東山動植物園は、全体的にとても良い環境が作れているようでした。
各飼育場所にメタハラが惜しげなく設置されており、紫外線も十分に見えます。
湿度もしっかりしており、そのおかげかビルマホシガメやホウシャガメはとてもきれいに甲羅が育っていました。
しかしベビーのほうは逆にボコりが目立ち始めてきています。
個別の展示場所は湿度が足りないのかもしれません。
リクガメの種類も多かったですね。
他にも数多くの動物がおり、しっかり回れば半日かかりそうです。
リクガメ好きも、動物全般好きな人も楽しめる、ステキなところでした。
近くに来た際はぜひ立ち寄って見てください。

この記事へのコメント