東山動植物園にてPart.2〜ミズガメ〜

東山動植物園の第二弾です。
お次は動物会館内の個別展示。
そのうちのミズガメの紹介になります。
多湿ゾーンと繋がっている展示もあるようで、多湿を再現できています。




*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




22CC0618-68C7-4CC4-BA5E-5DE5D1D5C666.jpeg

我らのニホンイシガメ。
大きな黒目、素朴だけれど落ち着いた甲羅、人懐っこいしぐさ。
和を感じるカメです。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




F12A8208-D270-4549-A660-AD5CB2E4A823.jpeg

クサガメ。
イシガメよりも愛嬌のある、日本に定着した外来種。
うちのワカメ(クサガメ)のように餌を求めているのかこちらに向かって暴れまわっていました。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.




C8854D73-5467-4F20-89BD-46A594A830C3.jpeg

ワニガメ。
飼育に許可が必要で、時に厄介者扱いされてしまう悲しい存在です…。
こうやってみるとユーモアさもあるし、暴れまわったりするような種ではないんですよね。
飼育は許可が必要ですので、こうやって展示で楽しみたい種です。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



9066E099-09D3-4125-BF92-3508F52FCDDB.jpeg

マッコードナガクビガメ。
詳しくないので詳細は省きます。
ナガクビ・ヘビクビというだけで飼育はすごいと思ってしまいます。
甲羅が小さくとも首が長くてより大きな水槽が必要ですからねー。
その分、泳いでいる姿は首長竜のようで圧巻です。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



4CC8AFAB-6383-4128-939D-B0C825D9F263.jpeg

セマルハコガメ。
石垣島に行って在来種を見てからというもの、虜になってしまったカメです。
まるでリクガメのような生活スタイルが興味深いですね。
現地では果実を求めて農園に集まったりするみたいです。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



DD5A9CB5-7D53-4F95-9E99-01F6EA60F56F.jpeg

キボシイシガメ。
それなりに安く、人気のある種です。
星空のような模様はもちろん、飼育のし易さや丈夫さ、人馴れ・環境慣れしやすい性格、大きくならないサイズが人気なんだと思います。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



比較的自分も知っているミズガメが多かったです。
お次のPart.3は個別展示のリクガメになります。

この記事へのコメント