カメさん日記さんとの再会とブラジルヘビクビガメ

 twitterでお話することもありましたが、実際にお会いするのは久しぶりとなりました、カメさん日記さん
ミズガメに関してはかなりの手練れですが、ついにリクガメにも手を出すことにしたようです。
それもソリガメ。
飼育難種に立ち向かうその方針は、僕には真似できません。
 そのソリガメの話から、そういえばsmall animal clinicに近いところに住んでるんだったな~と思い出し、ビルマホシガメを好いてくれて以前見に来たこともあったので、通院の際に成長した姿を見ませんか?と誘ってみました。

 small animal clinicの診察にも同席してもらいました。
医師の豊富な知識や人柄を目にして、「健康診断をしてみようかな」と言ってくれました。
 また、成長したゆあんも見てくれました。
前に見たのは多分1年くらい前かな?
まだほとんど成長していない時でしたので、その成長に驚いていました。
ミズガメの成長には及びませんが、リクガメも成長には目を見張るものがありますよね。
ぜひまた成長を見にきてもらいたいです。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



 そして予定にはありませんでしたが、small animal clinicから近いということで、おうちにお邪魔させてもらいました。
これが二度目になります。



46EC631D-D90C-493D-9EC9-D1928B1C4C4A.jpeg

 噂のブラジルヘビクビガメをついに見ることができました!
思ったよりもずっと小さく、体重に関しては今のゆあんと同じくらいとのこと。
見た目だけでは分かりませんが、きれいな水で、涼しい環境でないと生きていけないとのこと。
加温!加温!の飼育方法とは違った、不思議なカメさんです。
 オスのほうは見ているだけだと隠れていましたが、指を振っていると餌と勘違いしたのか出てきてくれました。
指のすぐ近くまできてにおいをかいでいました。
しかし餌でないことが分かると噛みつくことはありません。
うちのクサガメは何でも噛もうとするんですけどね…Σ(´Д` )
賢いカメさんです。

 他のセタカガメや他のナガクビもとても元気に動き回っていました。
常に元気なのは飼育方法がしっかりしている証拠です。
さすがですね~。
 なんと、リクガメフードのmazuriを試しているようでした。
食いつきも良い。
ミズガメの餌をリクガメに与えるのはあまり良くありませんが、逆はありですね。
与えすぎは良くないでしょうけど。



*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.



 自身のあまりない知識が少しでも役に立てばと、ソリガメ飼育についてお伝えしてきました。
ソリガメも他のリクガメと同じような環境が良いのではないか?と思います。

シェルターは、できたら床材に潜れるようなスタイルがベストかとは思いますが、実際に潜れるほど床材を敷くのは大変です。
甲羅にできるだけフィットするようなシェルターが良いかと思います。

9933AB2B-7C94-45C8-BD1C-5E2B4B6421D6.jpeg

 うちのシェルターはマルギもビルホシもこのタイプで落ち着いています。
テーブルにタオルをぐるぐるっと巻いた物です。
本来はここにヤシガラなどの床材がやや深めに敷かれたのがベストかな。
甲羅の上部がフィットして落ち着くようで、寝るときや落ち着きたいときは大抵入っています。
理論的には同じと思われる、lenlenさんとこのシェルターも良いですね。
lenlenさんとこのは布があちこち動かないのが特徴です。
うちの場合はテーブルに巻いてあるだけなので、タオルが外れてしまうことがあるのが欠点ですが、上部に加湿器や温湿度計などを置くことができるのがメリットです。
 これ以外にも、床材の上にプラスチックや木の板など、重すぎず軽すぎない物を置いておけば潜ってくれるかと思います。






 温度管理は、これも個人的な考えですが、ケージ全体の温度は25~28度くらいにして、ホットスポットはしっかり温まれるような温度勾配をつけるのがベストなのでは?と考えています。
これからの時期これをするなら、冷房で部屋全体を涼しめにして、スポットライトを点け、ホットスポットの逆側から風を送るのが良いのではないかと思います。
ホットスポットから風を吹かせるようにするとケージが全体的に温まってしまうためです。
逆に、涼しい場所からホットスポットへ、そしてケージ外へ風が抜けるようにすればホットスポットは確保しつつ、それ以外の場所はそこその温度が確保できます。
 個人的にケージ全体を30度に…というのはあまり好きません。
全体の温度はそれよりやや低めにして、温まりたいときはホットスポットに行くようにするのが良いのではないか、という考えです。
ベビーで熱死が怖い場合なんかはまた違ってくるでしょうけど。

この記事へのコメント

  • lenlen

    こんばんは!
    宣伝ありがとうございます笑
    どこでも寝れる子なので、もうあまりシェルターとして使ってもらえないことが多いんですが^^;

    ゆあんさん
    長いあいだの通院お疲れ様でした
    ここ一年で見違えるように綺麗になったと思います
    メスかもしれないということで今後が楽しみですね♪
    2018年07月02日 22:21
  • まころん

    >lenlenさん
     こんにちは、コメントありがとうございました。

     シェルターあまり使わなくなったんですね。
    図太くなって見た目にも性格にも貫禄が出ています(誉め言葉です。。)
    ケージのサイズアップに期待してますよー!

     ゆあんは1年経ち、成長や甲羅の状態、転倒などの不安要素がようやくなくなりました。
    今後も成長を見守ってもらえると嬉しいです。
    2018年07月03日 09:33
  • カメさん日記

    今晩は。
    先日はありがとうございます。
    で、通気の件、やはりホットスポットに向けて、ですか。
    実は私も夏場はそのセッティングだろうと考えています。
    今日のセッティングでしばらくは朝に撒いた水での湿度変化を見ながらファンの位置極めをする予定です。
    今回のセッティングはマコロンさんお薦めの加藤先生の爬虫類探しの旅をヒントに試行錯誤しています。
    本当にありがとうございました。
    2018年07月03日 23:12
  • まころん

    >カメさん日記さん
     急遽の自宅訪問までさせて頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

     風を送るとなると、温度勾配を考えるとそれが一番かなぁと思います。
    そしてエアコンはほぼ必須ですねー。
    うちでもケージ内温度が33度以上になるようならエアコンを使います。
    今年は仕事の件が色々あって家にいるため問題ないですが、暑くなりそうならエアコンセットして外出します。

     湿度に関しては、エアコンを使うとどうしても下がってしまうため、下がりすぎるようなら気化式の加湿器を置いておいたり、他の人もやっているような水苔シェルターなどを作ってみるのも面白いと思います。

     あの本、現地のことが偽りなく書いてあって参考になりますよね!
    しかも本にも載っているソリガメをお迎えになるということで運命を感じてしまいます。
    加藤先生自身もここ1年でクレイジージャーニー以外のテレビ番組に出るようになり、とても有名になってきましたね。
    2018年07月04日 17:17